HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

mother-32 black

NEWS

KORGが初のテーブルトップ型セミモジュラーシンセサイザー「Mother-32」を発売

株式会社KORG・KID(KORG Import Division)が、取り扱いブランドであるMoogより、初のテーブルトップ型セミモジュラー・シンセサイザー「Mother-32」を発売した。

 

 

MoogのMother-32は、生々しいアナログ・サウンド、シーケンス、電子楽器やモジュラー“生態系”との接続性、発展性を秘めたパッチベイを装備した、極めてユニークなアナログ楽器となっている。拡張性に優れ、ステージ/レコーディングを問わず活躍し、ミュージシャンにとって新たな音楽をインスパイアさせるクリエイティヴ・ツールとなるだろう。ユニークなサウンドと共に音の探求をエンドレスに行えるという幅広い用途に対応できるよう入念な設計を経ており、ノースカロライナ州アッシュビルのMoogファクトリーでハンドメイドにより生産されている。

 

アルミ押し出し材による堅牢なエンクロージャー、木製側板を装備し、電圧制御32ステップ・シーケンサーには64種類のシーケンスをメモリーでき、Moog独自のラダー型ローパス/ハイパス・フィルター、2基の電圧制御ミキサー、パルス波とノコギリ波出力を装備したデュアル・アウトプットのMoog伝統のオシレーター、可聴帯域でのモジュレーションも可能なワイドレンジLFO、MIDIインプット、 MIDI-CV変換機能、ホワイトノイズ、32パッチ・ポイントのモジュラー・パッチベイを搭載し、幅広い音作りに対応可能なほか、16種類のソースによるアサイナブルCVジャックも装備している。

 

Moog_Mother_32_2TierRack_Black

 

Moog Werkstatt 01、Minitaur、その他のシンセサイザーと組み合わせて使用も可能となっており、脱着可能なメイン・モジュールはユーロラック・ケースに取り付けることも可能だという。 また、2基もしくは3基のMother-32をマウントできる2ティア、3ティア・キット(別売オプション)もあるので、Mother-32だけでも深い音楽探求を行うことができる。

 

「Moog Mother-32」の販売価格は92,000円(税抜き)となっている。

 

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.