HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

k15

NEWS

Floating Points主宰の〈Eglo〉やKyle Hallが認めたロンドンの新鋭K15が日本のレーベルからアルバムをリリース

ロンドンを拠点に活動する新鋭プロデューサー、K15の別名義Culross Closeのデビューアルバムが、KuniyukiやBakula、DJ Natureなどのリリースを手がけてきた日本のレーベル〈Sound Of Speed〉から2月19日にリリースされる。

 

K15は、ロンドンの新興レーベル〈WotNot〉から2012年にデビューして以来、デトロイト出身の新世代テクノ/ハウス・プロデューサーであるKyle Hallが主宰する〈Wild Oats〉からミニアルバム的ダブルパックを、昨年にはFloating Pointsが主宰する〈Eglo〉からHenry WuとのユニットWU15としてEPをリリースするなど、ジャズやファンクなどに由来するブラックなフィーリングを武器に、ハウス/テクノからビートミュージックまでを網羅し、地域や世代観などを超えてあらゆる感覚にアクセスする作品性で密かに注目を集めている。

 

 

今回〈Sound Of Speed〉からリリースされるアルバムでは、ジャズ・エッセンスを漂わすストーリー性のあるダウンビート・トラックを披露しており、まさにK15のブラックジャズへの敬愛とディープで繊細なプロダクション・スキルが見て取れる興味深い1枚となっている。

 

 

 

 

k15 culross close home

Culross Close (a.k.a. k15)
『Home』
Release Date: 2016/2/19 (Fri)
Label: sound of speed records (JP)

Cat No.: SOSR019
Format: Vinyl LP

 

Tracks:
A1. Home
A2. Meditations
A3. Fatherless Boys
A4. Spark!
B1. Requiem + Reflections
B2. (Faith)

 

Mastered by Kuniyuki Takahashi

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.