HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

a_logo_07_icon_negative_s

NEWS

町工場をレーベル化するプロジェクト『INDUSTRIAL JP』が始動、DJ TASAKAやGonnoらが参加

日本のテクノロジーを支える高い技術力を持った町工場をレーベル化する日本初のプロジェクト『INDUSTRIAL JP』が10月24日(月)より始動。DJ TASAKA、Dorian、Gonno、Sountrive、Cherryboy Function、Inner Scienceなどが工場内を録音/録画した素材から受けたインスピレーションをもとに楽曲と映像を制作しリリースを行う。工場内のフィールドレコーディングおよび制作ディレクションはMoodmanが担当している。

 

 

プレスリリースによれば、今回の制作については、「日本の各地に点在する町工場、その中でいまも動き続けるアナログな工作機械たち。工場内では、それら機械の動作音が一定のリズムを刻み続けています。油に包まれながら動き光る工作機械そのもの、そして響き渡る音とリズムに惹かれた私たちは、工場内の音のフィールドレコーディング、映像のサンプリングを始めました」と述べている。また設立に至った想いについては、「取材をする過程で各工場でのお話を聞くにつれ、町工場の高い技術力と、生み出される最先端の製品に驚かされる一方で、グローバル化に端を発する国内産業縮小の影響を強く感じました。日本の町工場の高い技術力を絶やさぬよう、彼らの魅力を発信し、国内の製造業を盛り上げる一助になりたい。そう思った私たちは有志でレーベルを設立して活動することにしました。〜日本の工場の純粋な音と映像の美しさを表現するとともに、工場の技術力をこのレーベルから発信していければと思っています。」とも。

 

 

今回のリリースは、「DJ TASAKAと小松ばね工業」や「Dorianと浅井製作所(ねじ工場)」、「Gonnoと新栄工業」、「Inner Scienceと岩佐歯車製作所」などそれぞれの組み合わせの中から生み出されている。10月24日(月)よりオフィシャルサイトにてMVや映像素材が公開されており、各曲の解説やインタヴューも読むことができる。すべての楽曲は『ototoy』にて配信され、また10月26日(水)にはDOMMUNEにて小松ばね工業社長や浅井製作所社長が出演する特集番組が放送される予定となっている。

 

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.