HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

DJ NOBU主宰『GONG』にLemna、Lynne、Asusu、Yoshinori Hayashiらが登場

日本をベースに活動するDJ/プロデューサーの魅力を伝えるべくDJ Nobuが昨年より始動させたパーティー『GONG』が2月24日(土)に代官山UNITにて開催される。

 

昨年夏から半年ぶり、そして2018年最初の開催となる今回は、UNITのフロアには『GONG』主催のDJ Nobuに加えて、昨年ベルリン拠点のレーベル〈Horo〉と契約をし、Sam KDCとの共作プロジェクトOureaで1stシングルをリリース、また実験的なエレクトロニックミュージック・フェスティバルとして近年注目を集める『Berlin Atonal』にソロで出演を果たすなど、昨年より一躍目覚ましい飛躍を見せたMaiko OkimotoによるLemnaがライヴセットで登場。そしてベースサウンドとテクノをハイブリッドしたセットで国内の様々なパーティーでプレイし、DJ Nobuもそのミックスセンスに大きな信頼を寄せるLynneを迎える。

 

 

 

階上のUNICEには、東京を拠点にオランダの〈SD Records〉やカナダの〈Silent Season〉、セルフレーベルである〈Mystica Tribe〉からリリースを重ねているTaka Nodaによるダブ・テクノ・プロジェクト、Mystica Tribeがライヴセットで登場。

 

 

 

さらに、今はなきManiac Loveからキャリアをスタートさせ、2015年に〈Going Good〉からリリースしたデビュー作『終端イーピー』で一躍その名を知らしめ、昨年には初の欧州ツアーを行い、この1月には『不可算集合体 (Uncountable Set)』をMoscoman主宰〈Disco Halal〉からリリースしたYoshinori Hayashi。

 

 

第一回目のGONGにも出演、エレクトロニックミュージック・コレクティヴ『IN HA』のメンバーとして自身のパーティーを開催しながら、DJとしてforestlimitからBoiler Roomにまで東京の最深部からオーバーグラウンドまでプレイの幅を拡げ、昨年は中国でのDJも成功させたMari Sakurai。

 

 

そしてUKガラージ、ジャングル、ミニマルテクノといった要素が混然一体となったカテゴリー不可能なサウンドを武器に、UKテクノを牽引するPeverelistとKowtomと共に〈Livity Sound〉の中心的存在として2010年代のエレクトロニックミュージックに新たな地平を切り開き、2015年には自身のレーベル〈Impasse〉もスタート、昨年より拠点をイギリスから東京へと移したAsusuも出演する。

 

 

またUNICEのフロアには、90年代中期からサウンドクルーのセレクターとしてキャリアをスタートし、ジャマイカ滞在を経て近年は単身でセレクターやサウンドシステムを稼働し都内を中心に活動中のNICHI SOUND SYSTEMをスタック。今回も多様な音楽性と世代が交差する特別な夜となりそうだ。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

GONG

Date: 2018/2/24 (Sat)

Venue: 代官山UNIT/UNICE

Open/Start: 23:00

Door: 2,500yen

UNTIL 24:30: 2,000yen

 

Line up:

[UNIT]

DJ NOBU

Lynne

Live: Lemna

 

Lazer&Lighting: YAMA-CHANG

 

[UNICE]

Asusu

Mari Sakurai

Yoshinori Hayashi

Live: Mystica Tribe

 

Sound System: NICHI SOUND SYSTEM

 

 

 YOU MUST BE 20 OR OVER WITH PHOTO ID.

MORE INFO: UNIT

03-5459-8630

www.unit-tokyo.com

  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.