HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

Battles

NEWS

HRFQ的! 『FUJI ROCK FESTIVAL 2016』タイプ別アーティストレコメンド(Battles編)

今年で20周年を迎える『FUJI ROCK FESTIVAL』。「ロック」と銘打つフェスティバルですが、その長い歴史を作り上げてきたのは決してロックバンドだけではなく、国内外のDJやエレク トロニックミュージックのアーティストも彩りを添えてきました。またそのコンテンツも、深夜に開催される「オールナイトフジ」やRED MAARQUEの深夜帯「PLANET GROOVE」、ゴンドラに乗った人のみが辿り着けるゆったりレイヴ「DAY DREAMING」など、多岐にわたっています。そして、20年目のフジロックにも、国内外からDJとエレクトロニックミュージックのアーティストが多数 勢揃い。「どのアーティストをチェックすれば間違いないの?」ということで、HigherFrequency的な視点でアーティストのタイプ別にご紹介していきます!

 

今回テーマにするのは、昨年4年振りとなる3rdアルバム『La Di Da Di』をリリースし、ジャパンツアーを行ったBattles(HigherFrequencyでは彼らのインタヴューも掲載しました)。2002年にNYで結成以来、メンバーだったTyondai Braxtonの脱退という大きな出来事を経た今もなお、複雑に練り上げられた人力ミニマル・ポリリズムの中で爆発へと向かうハードコアなアンサンブルは、唯一無二の存在感を放っています。昨年のワールドツアーの来日公演においても、緻密なバンドサウンドによってフロアに狂騒を巻き起こしてくれました。3日目のWHITE STAGEの大トリ、彼らはステージをこれ以上ないクライマックスに導いてくれることでしょう! そんなBattlesを楽しみにしている皆さんにオススメしたい、一癖も二癖もあるポスト・ロックなアーティストたちをご紹介します!

 

 


 

The Taupe(7/22 25:00〜@ROOKIE A GO-GO)

TheTaupe

「新しいバンドとの出会いがほしい!」というBattles好きの方には、初日にROOKIE A GO-GOに登場する、男女4人組オルタナティヴバンド、The Taupeをオススメします。若手だからと侮るなかれ、ポストパンクな跳ねるリズムをベースとしながら、時にフックのあるメロディーを聴かせて、時にノイジーなリフを聴かせてくれる彼らは、Battlesとも親和性が高いはず。初日から夜遊びするつもりなら、彼らを観ておかない手はありません! ROOKIE A GO-GOが位置する、遊び人が集まるエリアのTHE PALACE OF WONDERの退廃的な雰囲気と、見事にマッチしたパフォーマンスを見せてくれることでしょう。

 

 


 

TORTOISE(7/23 20:10~@WHITE STAGE)

Tortoise

あらゆるジャンルを混ぜ合わせて、新たな概念を生み出そうとする音楽を指して、しばしば「ポスト○○」という呼称がついたりしますが、1991年にシカゴで結成されたポストロックバンドのTORTOISEも、常に先を行く雑食さがデビュー当時から注目されていました。特に1996年リリースの2ndアルバム『Millions Now Living Will Never Die』と、1998年リリースの3rdアルバム『TNT』の2枚は、ポストロックというジャンルを開拓した歴史的名盤として呼び声高い作品です。そして2016年1月、7年ぶりとなるアルバム『The Catastrophist』をリリースしたこともあり、今年は彼らを観る最高のタイミング。現在進行形のレジェンドの姿を目撃しない手はありません。

 

 


 

dCprG(7/24 12:30~@FIELD OF HEAVEN)

Dcprg

dCprGは、クラブカルチャー/ダンスフロアに既存のものとは異なる構造をもった音楽を持ち込むことを目的として活動を開始したビッグバンド。主宰を務めるのは、ジャズ・ミュージシャンであり、文筆家としても活躍する菊地成孔です。2007年に一度は活動を終了をするも、2010年には新メンバーによって結集し、バンド名をDate Course Pentagon Royal GardenからDCPRGに改称することを発表し活動を再開。以降、現代音楽やアフロポリリズムの要素を持ち込み構成される新しいジャズの枠組みが、異形のグルーヴを生み出し続けています。クセのあるフレーズとリズムの反復によるアンサンブルが大好物なBattlesファンは要チェックです。

 

 


 

Explosions In The Sky(7/24 20:00~@WHITE STAGE)

Explosions In The SSky

Battlesを目前に控えた最終日のWHITE STAGE、ここで一足早いクライマックスを迎えてしまうかもしれません。2012年以来2回目、待望の再出演となるバンドExplosions In The Skyが生む、苗場の夜に溶け込んでいくかのような微細な音の揺れを生むギターリフと、直後に観客を包む美しい轟音。WHITE STAGEの極上のサウンドシステムで、彼らの音を聴き、空気の揺れを肌で感じる体験は、何にも代えがたい瞬間になるはずです。Battlesで体を揺らしてダンスする前に、ここで心を最高潮に昂らせて、3日間のお祭りを締めていくのも良いかもしれませんね。

 

 

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.