HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

Cio D’Orが2年ぶりに日本に帰還し、Contactでプレイ

『rural』やUNITでのプレイなどで日本において確実な人気を獲得してきたディープテクノの女王Cio D’Orが、しばしの活動休止を経て再びシーンにカムバックし、6月9日(土)にはContactでプレイする。

 

Cio D’Orは、2001年にミュンヘンの伝説のクラブ「Ultraschall」にてレジデントに就任し、すぐさま舞台を世界に広げた。2004年に〈Treibstoff〉からデビューを果たしてからこれまでに2作のアルバムと20作近いEPをリリースしてきた。その中で、彼女はDonato Dozzy、Gabriel Andanda、Paul Brtschitschとコラボレーションリリースも果たし、2009年にアルバムをリリースした〈Prologue〉や、2015年に2ndアルバムをリリースした〈Semantica〉をはじめ、〈Telrae〉〈Hypnus〉〈Time To Express〉などにも参加し、ソロリリースやリミックスを提供してきた。また、2012年にはオーケストラを取り入れたエレクトロアコースティック“Distanz”を発表。作曲家のBrigitta Muntendorfとのコラボレーション『PULSA:RE』ではDJセット、楽曲、アンサンブルを融合したコンセプトで発表。Cio D’OrのDJセットとプロダクションはシネマティックなサウンドスケープと独特な表現力を元にストーリーを作り上げていくスタイルだ。

 

 

共演には、『rural』でもCio D’Orと共演したNaoやBrunaに加え、Paramountなどの野外パーティでも活躍し、Ryuichi Sakamotoが手がけるラジオプログラム『RADIO SAKAMOTO』で楽曲が紹介されたSINSENSAのオープンからのライヴセットがフロアの雰囲気を叙情的に構築していく。

一方、Contactフロアは、平日に驚異の動員を記録したQmicoが主宰するパーティー『QUALIA』がテイクオーヴァー。 KABUTO、100madoというベテラン勢とLynneとTakuya Awataという若手勢が名を連ねる、両フロアともにディープな一夜となるだろう。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

Cio D’Or Japan Tour

Date: 2018/6/9 (Sat)

Venue: Contact

Open: 22:00

Before 11PM: ¥1000

Under 23: ¥2000

GH S members: ¥2500

w/f: ¥3000

Door: ¥3500

 

Line up:

[Studio]

Cio D’Or (Semantica | Germany)

Nao (rural | addictedloop)

Bruna (veta)

SINSENSA -Live

 

[Contact -QUALIA-]

Kabuto (Daze of Phaze | LAIR)

100mado (Back To Chill)

Lynne

Qmico

Takuya Awata

 

[FOYER]

SHOP: mashu, TOY TEST, amnesiac, KOCO -KOU COMMON-

FOOD: くいしんぼうシスターズ, nachopan

 

 

More info: Contact
http://www.contacttokyo.com
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
You must be 20 and over with ID.
※Contactは会員制となっております。ご来場の皆様に登録をお願いしております。

  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.