HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

agraph

NEWS

agraphがニューアルバム『the shader』のリリースを記念して、Red Bull Studios Tokyoからスタジオライヴを生配信

電気グルーヴのライヴサポートメンバーであり、電子音楽家の牛尾憲輔のソロプロジェクトagraphが、待望の3枚目のニューアルバム『the shader』をリリースしたことを記念して、Red Bull Studios Tokyoから新曲披露のスタジオライヴをストリーミング生配信することが決定した。

 

当日のライヴ前には、2月25日発売号でagraph特集を掲載している『サウンド&レコーディング・マガジン』編集長の篠崎氏を迎えた、音楽制作者必見のディープなトークショーも行われ、agraphのニューアルバム『the shader』の制作の裏側に迫る予定となっている。

 

 

2008年に牛尾憲輔がソロユニットしてスタートさせた”agraph”のデビューアルバム『a day, phases』は、石野卓球をして「デビュー作にしてマスターピース」と言わしめたほどクオリティの高いチルアウトミュージックとして今もなお評価されている。Underworldのフロントアクトを務めた2010年には2ndアルバム『equal』をリリース。そんな2作に次いでついに完成させた6年ぶりの3rdアルバム『the shader』は、電気グルーヴの石野卓球氏が「お世辞やリップサービス抜きですばらしい作品です。聴くのが楽しいと心から思いましたよ。もともとある音楽に対する絶対的な信頼感と偽りのない真摯な安定感に冒険心と愛嬌を手に入れましたね。1ミリの隙なく君は紛れもなく音楽家と呼ぶにふさわしいアーティストになりましたね。牛尾君カッコいいよ。(踊り方はキモいけど)」とコメントをするほど。

 

またBeatinkの特別サイトには、Koji Nakamura、佐々木敦、CHARA、クラムボンのミトたちからのコメントが掲載されているので是非そちらもご覧いただきたい。

配信の詳細は以下の通り。

 

 

agraph RBST live banner

agraph: Live from Red Bull Studios Tokyo
Date: 2016/2/22 (Mon)
Start: 21:00-22:00
http://www.redbullstudios.com/tokyo/articles/agurahu-live-from-red-bull-studios-tokyo

 

 

 

agraph the shader

agraph
『the shader』
Release date: 2016/02/03 (wed)
Label: beat records
Cat No.: BRC-497 国内盤CD
Price: ¥2,400(+ tax)

 

Tracklist:
1. reference frame
2. poly perspective
3. greyscale
4. cos^4
5. toward the pole
6. asymptote
7. radial pattern
8. trace of nothing
9. div
10. inversion/91

 

Order here:
beatkart: http://shop.beatink.com/shopdetail/000000001992/
amazon: http://bit.ly/1HzJPT8
tower recods: http://tower.jp/item/4138442/
HMV: http://www.hmv.co.jp/artist_agraph_000000000404944/item_Shader_6760605
iTunes: https://itunes.apple.com/jp/album/the-shader/id1068459851

More info: http://www.beatink.com/Labels/Beat-Records/agraph/

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.