HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

Holy Fuck

INTERVIEW

Holy Fuck

  • Text & Interview : Aoi Kurihara

  • 2016.6.1

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

タイムレスな表現を求める精神

お帰り! 完成おめでとう! 『Congrats』というタイトルにはその完成までの年月の重みが含まれているのだろう。2015年の12月、6年の沈黙を破り突如カムバックの予告ビデオを公開したHoly Fuck。猫の置物を次々と爆発させるその映像は、かつて“Red Lights”のMVでライヴをしていたキュートな猫たちを自らに置き換えて、過去のイメージをぶっ飛ばすかのような衝撃的な映像だった。そして、5月についにリリースされた最新作『Congrats』は予告通り、いや期待をゆうに越える荒々さと繊細さを兼ね備えた作品に仕上がっている。 無機質的で記号的なアルバムのアートワークとは裏腹に、アルバムに収録されている楽曲はアヴァンギャルドでいくつもの原色がカラフルな渦を巻いている。ますます破壊的になった人力インストゥルメンタル・サウンドは、聴いているとトランス状態になりそうだ。まさしくMVで表現されているような暴力的なサウンドの“Tom Tom”で幕を開けたかと思えば、“Xed Eyes”では反響の連鎖でレイヴィーな側面を見せ、続く“Neon Dad”はゆったりとしたテンポのエモーショナルなロックナンバーだったり、ラストスパートの“Acidic”では2014年に解散したThe Raptureの魂を継承したようなフロアライクなパンクイズムを兼ね備えていたりと、1枚のアルバムの中で彼らが大胆に「実験」をしている様子が伺える。 流行になびかず、時代に抗うかのように、独自のDIY精神を掲げて ... READ MORE

ENTER

Mumdance

INTERVIEW

Mumdance

  • Text, Interview & Photo : Hiromi MatsubaraInterpreter : Aoi KuriharaSpecial thanks : Fumie Kamba (DBS)

  • 2016.5.20

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

無重力のレイヴ

2015年、Mumdanceこと、Jack Adamsは目覚ましい活躍を見せた。〈XL Recordings〉と契約しEP『1 Sec』をリリース、〈Fabric〉のライヴミックスシリーズのコンパイルを担当、そして相棒Logosとのアルバムリリース、加えて4枚の12インチのリリース……と、2013年に〈Tectonic〉からシングルをリリースして以来、年々高まっていたあらゆる期待に、量においても、質においても、見事に応えた1年となった。 2014年11月の『Red Bull Music Academy Tokyo』で来日していた際に彼にインタヴューをして以来、約1年半振りに再会して驚いたのは、Mumdanceの顔つきがかなり変わっていたこと。アカデミーで野心たっぷりな表情で〈Different Circles〉のことや、2015年の展望を語っていた時からは良い意味で若さが少し無くなったが、その代わりに大幅に増したプロデューサーとして貫禄は、多忙な1年が彼にとっていかに重要であったかをひしひしと感じさせる。 そして今回、その多忙な近況のあらゆる詳細に迫るのは、『Red Bull Music Academy Tokyo』でMumdanceと同じクラスで2週間を過ごした、梅谷裕貴ことAlbino Sound。久しぶりの再会を果たした2人は、Mumdanceの音楽性である「ウェイトレス・サウンド」をはじめ、発展するエクスペリメンタルな音楽の核心を突いた音楽談義で大いに ... READ MORE

ENTER

HELM header

INTERVIEW

HELM

  • Text & Interview : Hiromi MatsubaraInterpreter : Shimpei KaihoSpecial Thanks : DJ Soybeans

  • 2016.4.27

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

説明できない感覚は混乱の音楽に

あぁ……動いてるなぁ……、と感じることも音楽を聴く上での快感のひとつだ。何が動いてるかと問われれば、第一にはリズムであったり、メロディーであったりが、「音楽が動いている」という感覚と理解を与えている。しかし、どうやらその快感の極みは、むしろフィールド・レコーディングの方に、そしてそれを基にしたミュジック・コンクレートやノイズやアンビエントのような非音楽的なサイドにあるようで、肉声と機械音が混在する都市の喧騒や、今にも崩れそうな薄っぺらなビル群の軋み、ザラつきのある薄汚れた空気、それらを目の前にして生きる人間の胸の奥で渦巻く何かを、音楽として体感し、聴覚が他の五感とリンクした実感を得ることこそが聴いている側としてはリアルであり、身体的な興奮度が高い。そういった都市的なフィールド・レコーディングと生楽器のサンプリングが、マシンの限界を侵食し始めた時に生じるノイズを、リズムやループなどの方法とバランスという理性によって「エレクトロニック・ミュージック」へと昇華させた、HELMの『Olympic Mess』は最高に気持ち良くなれるアルバムだ。送り出したのは〈PAN〉。Bill Kouligasは、HELMの音楽を電子音楽史に新たなシーンを加える重要なドキュメントとして提示している。 HELMの狂騒曲をライヴで体感する機会があるとしたら。2016年のゴールデンウィーク、そのチャンスは日本にやってくる。迷わずにお近くの会場へと動くことをお勧めしよう。その前に、HELMを主導するLu ... READ MORE

ENTER

Young Marco

INTERVIEW

Young Marco

  • Text & Interview : Hiromi MatsubaraTranslation & Special Thanks : Shuhei Tochiori (P-Vine)

  • 2016.3.8

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

遠く、深く、生物学を辿る精神の探検

昨年開催された、『Rainbow Disco Club 2015』の3日目のこと。〈Rush Hour〉のオーナーであるAntalとレーベル看板アクトのSan Properと共に、変則B2Bを披露する「Rush Hour All Stars」の一員として登場したYoung Marcoは、BPM120とBPM60のトラックを表に裏にとひっくり返し続けながら、緩やかなムードを伊豆の大草原から空気中にまで染み込ませていた。どれぐらい緩かったかといえば、Young Marcoのプレイに合わせて、時折、San Properが「Marco、Marco、マ~ルコ〜……」とおふざけ的なMCをしたり、Antalの家族(特に妻)がステージ上でノリノリにダンスを披露したりして、笑い声と煽りの歓声が終始絶えなかった、という感じ。それも朝の9時から15時まで。途中、激しい通り雨に見舞われた時には、3人は少しテンポを上げて盛り上げてみたり、彼らの日本の大自然と寄り添うようなプレイは、環境すべてに相応しく、極上のひとときだった。さすがはオープンマインドに溢れる街、アムステルダムを代表する〈Rush Hour〉だ。(そんな昨年のRDC最終日の「Rush Hour All Stars」によるロングセットは、180分にもわたる貴重なDJミックスのライヴレコーディングとしてRDCオフィシャルのSoundCloudにて公開されています!)   おそらくシーンの深層部にいた頃から、〈Rush ... READ MORE

ENTER

Andrew Weatherall

INTERVIEW

Andrew Weatherall

  • Text & Interview : Kenjiro Hirai

  • 2016.3.2

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

最高のオヤジから教わる、最高へのこだわり[vol.2/2]

(インタヴューは前編『最高のオヤジから教わる、最高へのこだわり[vol.1/2]』より)   ――あなたにとって、ロンドンでの「最高の遊び」とはどのようなものなのでしょうか? Andrew Weatherall:俺は毎週末クラブで過ごしているから、基本的に、オフを楽しく過ごしたい時には、俺は比較的自分ひとりだけで過ごすことの方が多いんだよ。例えば、日中はどこかのアートギャラリーやミュージアムに足を運んでね……。  ――友だちと遊びに出かけるとか、クラブに行くようなことはないんですか? Andrew Weatherall:それはないな(笑)! クラブは自分にとって「仕事場」だしさ。それって、勤め人が休みの週末にもオフィスに行くようなもんだよ。自由時間ができたら仲の良い友人達と過ごすだろうけど、かといって、彼らと一緒にクラブに繰り出すことはまず無いね。正直言うと、読書して過ごせればハッピーなんだよ。それって全然ロックンロールじゃないけども(笑)。  ――そうですね(笑)。でも、今でもクラブでエキサイトしたり楽しむってことはありますよね? Andrew Weatherall:そりゃもちろん! 自分のやっていることは今でももちろんエンジョイしているよ。ただ、仕事を離れたオフの時にクラブに出かけるとしたら、それが俺にとってよっぽどスペシャルな存在の人がプレイするような、そういうショーケースじ ... READ MORE

ENTER

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.