HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

Pioneer DJ Launch Reception Party

HIGHLIGHT

Pioneer DJ Launch Reception Party

  • 2015.03.03 TUE @ Sound Museum Vision
  • Text : Hiromi Matsubara

  • 2015.3.11

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
2015年3月3日、この日は、パイオニア株式会社のDJ機器事業部門が独立し、新たに「Pioneer DJ株式会社」として設立されたことを祝したレセプションパーティーが開催された。会場となった渋谷のSound Museum Visionには、国内からKen Ishii、Shinichi Osawa、☆Taku Takahashi、YAMATO、DJ EMMA、DJ HASEBE、Supermaar(a.k.a DJ MAAR)、DJ RENが集い、イギリスからはKissy Sell Outをゲストに迎え、各々がプレイスタイルを活かしたDJでレセプションパーティーに華を添えた。と同時に、Pioneer DJブランドがいかに幅広いダンスミュージックシーンから支持をされているかを、いま一度証明した一夜となった。 さらに、Pioneer DJがいかに多くのDJから支持されているかについては、オープニングでの代表取締役社長の井出良明氏による挨拶に続いて流された、「KKR ジャパン」代表取締役社長の平野博文氏、グラミー賞に輝いた経歴も持つDJのRoger Sanchez、現在36歳ながら20年以上のDJキャリアを誇るJames Zabiela、Reel 2 Realなど数々のグループで80年代から活動するハウスDJのErick Morillo、“トランスフォーマー・スクラッチ”を生み出したヒップホップシーンのレジェンドにしてDJの草分けとも言えるDJ Jazzy Jeff、トラックプロダクショ ... READ MORE

ENTER

KUVO - JOIN THE GLOBAL CLUB COMMUNITY -

HIGHLIGHT

KUVO – JOIN THE GLOBAL CLUB COMMUNITY –

  • Photo : Asami Uchida

  • 2014.11.3

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
世界のクラブ・シーンをリードしている Pioneer から、DJ カルチャーの楽しみ方を広げる新たなサービスが誕生した。その名も KUVO(クーヴォ)。クラブでの機材導入率で圧倒的なシェアを誇る強みを生かし、Pioneer は自社のDJ機器とインターネット・サーバーを繋ぐ独自のネットワークを構築。これを利用することによって、クラバーは無料の専用モバイル・アプリケーション「KUVO」から、今この瞬間に世界各国のクラブで誰が DJ をしているのか、どのトラックがかかっているのか、といった情報をリアルタイムで入手することが可能になった。また、KUVO に参加しているクラブや DJ をフォローしてダイレクトに最新情報を入手したり、トラックにつけられたLikeの数などからクラバーの間でのリアルなトレンドを知ることもできる。10月6日にサービス・インしたばかりの新しい試みだが、今後ユーザーが増えていくことで面白さはどんどん広がっていくはずだ。世界中のクラブ/DJ/クラバーがネットワークでつながり、リアルタイムで情報を共有することで新しいコミュニケーションを生み出す KUVO に、今すぐあなたも参加してみよう。 ... READ MORE

ENTER

HIGHLIGHT

ENA Interview Feat. S-DJ50X / 60X

  • Interview : Yoshiharu Kobayashi Photo : Kenji KuboThanks : Junya Okami

  • 2013.12.5

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
GOTH­TRAD率いるBack To ChillのレジデントDJとして活躍し、今年はフランスの〈7even〉から初オリジナル・アルバム『Bilateral』をリリース、そしてResident Advisorのポッドキャストに日本人2人目となるミックスの提供も行うなど、アンダーグラウンド・シーンで世界的に活躍するEna。これからの飛躍も大いに期待されるカッティング・エッジなアーティストである彼に、5インチのS­DJ50Xと6インチのS­DJ60Xの使用感を訊いた。 ... READ MORE

ENTER

S-DJ X Series

HIGHLIGHT

S-DJ X Series

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
世界中のダンス・ミュージック・ファンから絶大な信頼を置かれている Pioneer DJ から、アクティブ・モニター・スピーカーの S-DJ X Series が発売された。豊かな低域とクリアで広がりのある中高音をバランスよく表現する本機種は、ダンス・ミュージックの再生に最適。5インチ、6インチ、8インチと三種類のサイズが用意されているが(5インチにはホワイト・モデルもラインナップ)、その手頃なサイズ感は、自宅やホーム・スタジオでの制作、そしてホーム・パーティーなどにもぴったりだろう。Pioneer の DJ 機器メーカーとしての豊富な経験と、長年のスピーカー開発で培ってきた高音質技術を活かした S-DJ X Series。モニター・スピーカーの新たなスタンダードとなり得る魅力を持ったプロダクトの登場だ。 ... READ MORE

ENTER

Kenji Takimi Interview Feat. S-DJ80X

HIGHLIGHT

Kenji Takimi Interview Feat. S-DJ80X

  • Interview : Yoshiharu Kobayashi Photo : Kenji KuboThanks : Junya Okami

  • 2013.12.5

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
日本のクラブ・シーンを追いかけている人で、彼の名前を聞いたことがない人はいないだろう。言わずと知れた人気レーベル 〈Crue-L〉 のオーナーであり、時代やジャンルに捉われない独自の審美眼でディープかつエレガントなサウンドを創出するDJ / プロデューサーでもある瀧見憲司。 実に6年ぶりとなるミックスCD『XLAND RECORDS presents XMIX 03』 も話題になっている氏には、8インチの S-DJ80X を使ってみてもらった。 ――瀧見さんには8インチのアクティブ・モニター・スピーカー、S-DJ80X を使っていただきましたが、どのような印象を持ちましたか?  Kenji Takimi : ロー(低域)と中高域のバランスがすごくいいと感じた。クラブ・ミュージックだけじゃなくて、普通のビンテージ・ロックを聴いてもバランスよく聴こえるね。定位感があって、位相のバランスもいいんじゃないかな。カジュアルな CD リスニングにも全然対応できると思う。今の若い人が部屋で使う、普通のコンパクトなパワード・スピーカーとしても、すごくいいなって。 ... READ MORE

ENTER

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.