625449_612110285482536_672326622_n.jpg

 

 

東京が世界に誇るダンスミュージック・フェスティバルRainbow Disco Club ’13開催まで、あと5日!!!

 

RDCは2010年に東京で産声をあげ、8年振りの来日となるDJ Harveyをヘッドライナーに招聘し、最高の形でスタートするも、2011,2012年は震災と悪天候にみまわれ不運にも2年連続で開催が中止となりました。

今年は3年分のみんなの思いが籠っているので、間違いなく素晴らしいパーティーになると思います。

 

 

僕にとってRDCは以前から日本で一番行ってみたいパーティーでした。必死に頑張ってる仲間達をみてると自分も何かできないかと思い、今年はスタッ フとして参加させてもらう事になりました。去年の開催中止が決定した後も、クラブ関係者による献身的な協力のもと振替公演が決まって行く様子をSNSを通 じてみていましたが、風営法など暗いニュースが多い中で「東京で奇跡が起きている」とTLを見てるだけで目頭が熱くなったのを鮮明に覚えています。

 

晴海フェリーターミナルというレインボーブリッジや東京タワー、東京湾を臨む絶景を楽しめる最高のロケーションで、先鋭的な音楽、アート、ライティ ング、映像、写真など数多くの要素で演出される世界感。そして東京という場の持つ特性を活かしつつ、野外パーティーの醍醐味を味わえる事が人気の秘密では ないでしょうか。そして、誰よりも純粋にパーティーが好きで、みんなから愛されるキャラクターを持ったオーガナイザー達の人柄も特筆すべくポイントです。

 

今年こそは天気予報も晴れということなので、青空の下で気の合う仲間とビールを飲みながら、素敵な音楽に耳を傾けて踊ったり、笑ったりしに来てください。

 

また予習として、Rainbow Disco ClubのPodcastでは、Sisi、Kevin Yost、CottamやDj Naturaのミックスが楽しみます。

Soundcloud: https://soundcloud.com/rainbowdiscoclub

 

 

 

イベントの詳細は以下になります。

 

 

 

3つの異なるコンセプトを持った3つの会場で、ほぼ丸1日に渡って行なわれる、野外+クラブという今までにない新たなスタイルの都市型フェスティバ ルを開催する「Rainbow Disco Club 2013」。海外からのゲストアーティストに加え、国内アーティストを中心としたさまざまなジャンルで活躍するバラエティに飛んだアーティストたちが出演 する。

 

 

RAINBOW DISCO CLUB 2013

【開催日】
2013年 5月5日(日)

■RAINBOW DISCO
at HARUMI PORT TERMINAL 10:00 OPEN/START – 20:00 CLOSE
DIXON(Innervisions / DE)
DJ NATURE (Golf Channel Recordings / UK)
KEVIN YOST Live&Improvised (i Records / US)COTTAM (Aus Music / UK)
KUNIYUKI LIVE (mule musiq / JP)
DJ SPRINKLES (Comatonse Recordings / US)
SISI (Pan Records / DDD / JP)
VJ:OVERHEADS / DR. HEXAGON (Coremelt / AU)
LIGHTING: HIKARI ASOBI
DECO & ART :SKINNIPANTS / TOKYODEX / YU HOKAZONO

RAINBOW DISCO CLUBのメイン会場となる晴海客船ターミナルで行なわれる「RAINBOW DISCO」。レインボーブリッジや東京タワー、東京湾を臨む絶景を楽しみながら音楽と野外パーティーの醍醐味を味わえる最高のシチュエーションを堪能出来るエリア。日中から夕方へ、そしてライトアップされた夜景へと変貌するコントラストはまさに最高の一言。

 

■THE TOP presented by Resident Advisor
at WOMB 23:00 OPEN/START
BARKER & BAUMECKER (Ostgut Ton / DE) -LIVE
BEN UFO (Hessle Audio / UK)
THE PEOPLE IN FOG a.k.a DJ SODEYAMA(JP) -LIVE
TRESVIBES SOUNDSYSTEM(Tresvibes / JP)
MOLD (Black Budget / JP) -LIVE
KABUTO(Cabaret / Lair / JP)
YOSA × SHU OKUYAMA (Classic Music Company / JP) -LIVE
ENA(IAI / Cylon / 7even / HE:Digital / Horizons / JP)
DJ DOPPELGENGER(Guruz Records / JP)
SHHHHH (JP)
HELKTRAM(Guruz Records / JP)
CITY1(Guruz Records / JP)
CELINE(Sundae / RDC / FR)
LODEE(LVK / RDC / UK)
CHRISTIAN LINDBERG (DISCOSMIC ADVENTURE / CN)
CARLOS GIBBS(RDC / US)
CAJAK(RDC / FR)
+ SECRET GUEST
VJ:REALROCKDESIGN

晴海会場からWOMBに場所を移し23時よりスタートする「THE TOP」。国内外のアンダーグラウンドシーンを支えるクオリティー高い象徴的なアーティストが多数出演。4フロアーで構成される「THE TOP」は、各フロアーでRDCが提案する最高のクラブミュージックでRDC2013のハイライトとなるでしょう。

 

■THE CLOUD powered by TOKYODEX
at SECO 22:00 OPEN/START- 12:00 CLOSE

ND_BAUMECKER(Ostgut Ton / DE)
OPEN REEL ENSEMBLE (JP)
PHASMA (Bunkai-Kei Records/JP)
NOTUV (Bunkaikei-Records/JP)
ANTHONY MANSFIELD(Green Gorrilla Lounge / US)
FORCE OF NATURE(KZA & DJ KENT / JP)
GONNO(WC / Merkur / International Feel / JP)
DUB-RUSSELL × AKIHIKO TANIGUCHI (+MUS/TMUG / JP)
WALKERS(Kon / Sin / Kiccho / JP)
+2 SECRET GUESTS
DECO & VJ: TOKYODEX

晴海会場終了後、WOMBで行なわれる「THE TOP」に先駆けて22時よりオープンする「THE CLOUD」。
アートや映像、前衛的な音楽からダンスミュージックまでをも含んだ様々なアーティストがラインナップ。22時から翌日の昼12時まで様々な音楽がノンストップで繰り広げられる。また「THE CLOUD」は一度会場から出ても再入場可能。早めの時間を「THE CLOUD」で楽しんでから「THE TOP」に移動し、さらに「THE CLOUD」に戻ってラストまでたっぷりと楽しむ等それぞれの楽しみ方を堪能して欲しい。

【料金】/ [PRICE]
[RAINBOW DISCO]
■晴海会場一般チケット / HARUMI ADVANCE TICKET
→ 6,500円(5/4まで)
■晴海会場グループチケット / HARUMI GROUP TICKET(GROUP OF 5)
→¥ 30,000(¥6,000×6名) 
■晴海会場当日チケット →¥7,500
■3会場通しチケット(一般)/ 3 VENUES ALL ACCESS TICKET
→ 10,000円 (5/4まで)
■3会場通しチケット(5人のグループ)/ 3 VENUES ALL ACCESS TICKET (GROUP OF 5)
→ 45,000円(9,000円×5名/5/4まで)

[THE TOP] presented by Resident Advisor
会場:WOMB
時間 : 23:00 OPEN
料金:当日 → ¥4,000 / 晴海リストバンド割 → ¥3,500
http://womb.co.jp/

[THE CLOUD] powered by TokyoDex
SECO(渋谷)
時間 : 22:00 OPEN – 12:00 CLOSE
料金:当日 →¥2,500 / 晴海リストバンド割 → ¥2,000
http://secobar.jp/

※通しチケットは晴海会場、WOMBは1度入場して以降の再入場は不可。SECOは再⼊場可能となります。

※The all access ticket allows for re-enty at SECO but not at Womb. You may only enter Womb once.

チケットプレイガイド / ONLINE PURCHASE POINTS

・CLUBBERIA
http://www.clubberia.com/store/

・イープラス / E+
http://eplus.jp/

・Smart e+
https://sm.eplus.jp/e/212

・RESIDENT ADVISOR
english 
http://www.residentadvisor.net/event.aspx?451040

japanese 
http://jp.residentadvisor.net/event.aspx?451040

≪Smart e+とは?≫ (SMART PHONE TICKETS)
・スマートフォンの画面がチケットになる新しいサービスです。
・Smart e+で購入したチケットはスマートフォンアプリ「moggy」などで受取ることができます。詳しくはイベント詳細ページの「チケット受取方法」でご確認ください。
・e+会員の方も、Smart e+への会員登録が必要です。
・Smart e+の詳しい説明と使い方はこちら
⇒ http://eplus.jp/smk/

  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載