11150_0000026ca_872e_olympic-logo-1.jpg

 

2005年にロンドンが、2012年のオリンピック開催地として選出されてから7年の歳月を経て、

遂に明日はロンドンオリンピックが開幕します!!!

 

開催が決定した当時は、開催時には自分はロンドンに住んでいないと思ってました。

なんだかんだで未だにロンドンでサバイバルしていますが、、、

 

2週間くらい前から、街の様子もオリンピックムードへ徐々に傾倒していき、今週に入ってからは街が人でごったがえしているロンドンです。

オリンピックスタジアムから、自転車で15分くらいの距離に位置する我が家のまわりにも、確実にカメラを持った観光客が増え始めました。

今週からようやくイギリスも夏が始まった事もあり、ついに始まるという緊迫感が、日頃から緊張感なく生活している自分にもヒシヒシと伝わってきています。

今までの人生で、オリンピックを生活に密着した形で体験した事がないので、貴重な体験とも言えますが、それと同時にオリンピックの開発によりで失ったモノもあり、暢気に喜んでられない複雑な気持ちです。

あと現実問題として、普通に生活するのに不自由なくらい、道も電車もバスも全部混みまくってます。

 

何はともあれ、ロンドンが最高の舞台になる事を心から祈っていますが。

 

 

 

さて今日、7月27日は、オリンピックの開会式が開かれ、Paul McCartnnyが歌ったり、Underworldがオープニングの曲を担当したりしていますが、日本では夏の風物詩とも言える、Fuji Rock Festival 2012が幕をあけます。

 

じつはFuji Rock Festivalの初日のメインステージのヘッドライナーとして、登場するThe Stone Rosesの復活ライブを一ヶ月くらい前に、マンチェスターで見てきました。

2012StoneRosesHeatonPark70RJ300612.jpg

(ライブの写真はNMEより抜粋)

 

一年前には、まさか再結成すると予想していなかったバンドで、大好きなバンドだけに胸を踊らせてマンチェスターまでライブを見るために行ってきました。

 

もちろん、文句のつけようのないくらいライブの内容は最高だったんですが、それ以上にヒートアップしているオーディエンスの迫力も半端なかったです。

 

基本的にこっちのライブはオーディエンスがボーカルと一緒に歌って盛り上がるのですが、The Stone Rosesくらいのバンドになると全曲、大合唱でイアン・ブラウンの声よりもまわりのイギリス人のおっさんの声の方が大きいくらいで、押し潰されかけなが らも、かなり最前列に近い位置で地元マンチェスターでの復活パフォーマンスを堪能してきました。

 

この日のセットリストは以下です。

 

I Wanna Be Adored

Mersey Paradise

(Song For My) Sugar Spun Sister

Sally Cinnamon

Where Angels Play

Shoot You Down

Bye Bye Badman

Ten Storey Love Song

Standing Here

Fools Gold

Something’s Burning

Waterfall

Don’t Stop

Love Spreads

Made Of Stone

This Is The One

She Bangs The Drums

Elizabeth My Dear

I Am The Resurrection

 

一番最初の’I Wanna Be Adored’と、最後の’I Am The Resurrection’の瞬間は泣きそうでした。

あと驚いたのは、イアンのボーカルのクオリティーに多少目をつぶれば、バンドとしてのパフォーマンスが至高のレベルに到達していた事。

かなりのリハーサルと鍛錬を積み重ねた結果だと思うので、今夜のグリーンステージでのライブも伝説になるのでは!?

特にリズム隊、マニのレニのコンビが重鎮ベテランバンドなみの演奏力でオーディエンスを魅了してました。

そして言うまでもなく美しい音色をギターで奏でるジョン・スクワイア。

 

やっぱりThe Stone Rosesは最高です。

 

stonerosesRJ010712.jpg

 

stoneroses8RJ010712.jpg

 

stoneroses7RJ010712.jpg

 

stoneroses10RJ010712.jpg

 

この日は前座もかなり豪華で、夕方に開場したマンチェスター北部に位置するHeaton Parkでは、Kid British, The Vaccines, The Wailers, Primal Screamが特別な夜に華を添えるように素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

 

 

2012PrimalScreamHeatonParkAA290612.jpg

 

特にトリの前に出て来た、Primal Screamはマニがいなくても特別な存在でした。

ボビー・ギレスピーは自分にとって永遠のロックスターです。

 

 

 

 

 

さてさて、日本ではフジロック、ロンドンではオリンピックの開会式が行われる7月27日金曜日ですが、

イーストロンドンでは、HOLICがベルリンよりDaniel BermanことRed Rack’emを迎えて開催します!

holic-july2-12-eflyer2.jpg

 

HOLIC with Red Rack’em at Rhythm Factory

http://holic-music.com/?p=1785

 

 

オリンピックやフジロックと比較すると、霞んでしまうくらいの規模ですが、こっちも本気です!

今夜は特別な一夜になりそうです。

  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載