日本に帰国中です。今年に入ってからも色んなところを訪れていますが、日本に帰る途中に乗り換えで立ち寄ったトルコのイスタンブールが面白かった。特にヨーロッパの観光に飽き気味だった(どこ行っても教会だし・・・)こともありますが、町の中に音楽がいっぱいあるのがうれしかった。

 

バルセロナを早朝に発って、イスタンブールに10時頃に到着。深夜1時の便まで丸1日滞在できるので、ターキッシュエアラインズが無料で提供するツアーに途中まで参加することにしました。

IMG_9418.JPG

空港に着くと、いきなりHard Rock Cafeの看板。欧米かよ!というツッコミを入れたくなる。若干引きました。

DSCN8386.JPG

ツアーバスに同乗してるのは、多くがウズベキスタンとかタジキスタンとかイスラム圏でも少し離れた国から来た人たち。この高い帽子かぶったおじいさんはどこの民族だろ。

DSCN8405.JPG

モスク到着。

IMG_9421.JPG

モスクに入る前に、足の洗い方から顔・頭・腕など体の各部を洗うやり方を教えてくれたキルギスタンの人。親切なんですが、この後「お前の名前はムハンマドだからな!」と勝手に名前を付けられ、ムスリムにされそうになりました。ちなみに5年前にセルビアでセルビア正教徒にさせられそうになったこともありますが、ここらの地域の人は多分好きなんでしょうね、そういうの。

IMG_9424.JPG

ムハンマドにされた俺。この後、ムスリムの講習会場みたいなところに連れられて、コーランやムハンマドの言葉が書かれた冊子をたくさんもらいます。

DSCN8404.JPG

ムスリムのおじいさんも少女もみんなスマートフォン。

DSCN8422.JPG

ビザンティン帝国時代は元々キリスト教の教会だったモスク。

DSCN8539.JPG

ムスリムの同志たちに別れを告げて、楽器街のある地域Sishaneへ。

IMG_9434.JPG

海峡を挟んでアジア側からヨーロッパ側を見下ろすスポット。こういう景色のある町、好きなんです。

DSCN8442.JPG

そこら中にギターも含めてモダン・トラディショナル両方の弦楽器を取り扱う楽器屋があり、試奏なのか練習なのかわからないけれど、ミュージシャンが入り浸ってました。特に目を引いたのはこのカフェ。店内に楽器がいっぱいあり、定期的にジャムセッションも行われているようです。

DSCN8440.JPG

通りでも弾いています。ギターとトルコの弦楽器サズのセッション。

DSCN8472.JPG

楽器街を少し離れて、軽く腹ごしらえ。肉とトマトが入ったパン。トルコの料理は甘すぎたり辛すぎたりしょっぱすぎたりすることがなく、割と

穏やかな味の料理が多かった気がする。

DSCN8448.JPG

道で売られてるざくろやオレンジなどの果物はなぜか一部が切り取られ、果肉が露出されています。おいしそうだけど、悪くなっちゃうのでは?

 

DSCN8465.JPG

町では何かのデモ。

DSCN8470.JPG

学生も積極的に運動へ参加。こういうところは、バルセロナを思い出します。

DSCN8471.JPG

平日の夕方だけど、賑わう大通り。こんなに都会だったとは。

DSCN8476.JPG

路地の小さなお店も面白い。

DSCN8519.JPG

路上レコード屋台。

DSCN8487.JPG

シーシャ・バー。カメラを向けたら、思いきりカメラにアピール。南ヨーロッパの人たちみたい・・・、というかここも地中海の終点ということは、同じ文化圏か。

DSCN8489.JPG

ここはイスタンブール、と言われなければ南ヨーロッパの観光地と見間違うような街並みです。

DSCN8491.JPG

レストランの中では生演奏。弦が張られた箱を上から棒で叩くサントゥールという打弦楽器。さりげなく演奏してるけれど、ちゃんと聴けるレベル。

DSCN8495.JPG

なんという名前の通りなのかわかりませんが、歩き回っていたら見つけたギターの弾き語りを聞かせる店ばかりある通りがありました。10軒ぐらい、それぞれのお店に弾き語りギタリスト。カテゴライズするとすれば、ほとんどフォーク・ロックのようなサウンドでしたが、弦楽器の伝統のある国だけにこういう音楽と相性がいいのかもしれません。

DSCN8509.JPG

夜も更けてきましたが、露店はまだまだ営業中。イスタンブールはナイトライフも活発みたいです。主要なライヴハウスは深夜から始まるとか。

DSCN8535.JPG

さっきの人たちまだ演奏してた。

DSCN8541.JPG

地下鉄の駅でも演奏。写真を全部出しませんでしたが、路上という路上に多くのミュージシャンたちがいました。

 

クラブミュージックの状況は今回チェックできなかったのですが、こういう音楽文化があるところは何かある可能性が高いと思います。バルセロナに戻る便でもまた半日ほど滞在する予定ですが、本当は何泊かしたいところ。でも、楽しみです。

  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載