毎度毎度やってくれるOK GOのMV、新作は2400人ほどのエキストラを使った傘によるピクセルアート。2400人を画面に収めるためにドローンを使っていますが、こんなカメラ視点で撮れるんだ?というすごいカメラワーク。しかもワンショット。ドローンで撮影というと、Go Proみたいなカメラで撮るもんだと思っていたら、こんなにちゃんとしたきれいな画質で撮れるんですね。

10689880_10152346155480683_9073556542075275346_n.png

OK GOのFacebookページより。こんな機材で撮ったそうです。ドローンってこんな大きなカメラも載せられるんだなあ。

 

撮影のことばかり書いてしまいましたが、画もきれいですね。色の使い方がOK Goの他のビデオでも見るようなやさしい色調になっていて、僕は最近たまたま見ていたジャック・ドゥミ監督の「シェルブールの雨傘」とか昔のフランス映画のような色使いを思い出しました。

 

ADの役でPerfumeがカメオ出演していますが、監督はPerfumeのビデオのディレクターをしている関和亮監督とOK GOのDamianによる共同監督で、クリエイティブディレクターが「森の木琴」の原野守弘監督。Youtubeのページの詳細情報でクレジットを見ることができますが、ほとんど日本人の名前なので、ほぼ日本のスタッフとOK GOのメンバーで作ったもののようです。

 

冒頭Perfumeののっちが持っているガチンコを確認すると「127テーク」って書いてるんですが、一体これ撮り終わるのに何テーク撮ったんでしょうね?OK GOは他のビデオでも何十テークも取っているらしいですが、アイデアだけじゃなくて体力がないとできませんよね・・・。

  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載