暴動で燃えていたロンドンですが、2週間経って事態は沈静化しました。

警察も暴動での破壊行為、略奪や放火に参加した犯人の逮捕の為に、全力で捜査を続けているみたいです。

なにがスゴイって、現時点で4000人以上が暴動ですでに逮捕されているという事実。

イギリス、特にロンドンには高性能なCCTVが街中に設置されている為、フードやスカーフで顔を隠していても犯行前後の行動で自宅の確認。さらにコンピュータを使って変装している犯人の顔の特定まで出来るみたいです。

有名な話ですが、ロンドン市内で一日普通に生活していると平均で300回以上はCCTVのカメラに写ります。

CCTVに関しては批判もありますが、犯罪の抑制の為には結果をだしているようです。

 

 

今回の大義なき若者達の暴動は長くは続かなかったようですが、イギリスの経済格差や人種問題などが浮き彫りになった形で事態は収束しました。しかも、結局なんにも根本的には解決していない気がします。

汚い言葉ですが「Chav」と呼ばれる貧困層の怒りは何も解決していないし、実際に低所得層の店が経済的にも大きなダメージを負いました。オリンピック前の大事な時期に、いかにもフーリガンの国イギリスという悪い側面を外国に露呈した事件です。

イギリスが好きなんで、実に残念です。

 

 

 

しかし、悪いニュースばかりではありません。

暴動が始まった時は、一時中止の噂もあった8月末のノッティングカーニバルの開催が決定しました!!

 

 

holic_aug11front.jpg

holic_aug11back.jpg

 

そうなんです、今年は自身がオーガナイズするパーティーHOLICがノッティングヒルのカーニバルに初参戦!!

暴動の後に、キャンセルになるという噂を聞いた時はかなりショックでしたが、なんとか暴動にも負けずに開催が決定。

ノッティングヒルのカーニバルはヨーロッパ最大のカーニバルで、毎年100万以上が世界中から集まるイベントで、日本で例えれば、祇園祭りみたいな感じですが、山鉾の代わりに巨大なスピーカーを積んだサウンドシステムが街中に現れます。 
映画などでも有名で、閑静な住宅街であるNotting Hillのエリアがパーティームード一色になる特別なお祭りです。

 

しかも、今回のイベントの為にTerry FarleyとX-Press 2がインタビューに答えてくれました。

Junior Boy’s Ownの思い出のレコードについてと、イベントに向けての思いを語ってくれてます。

 

HOLIC & Junuor boy’s own in Carnival from HOLIC London on Vimeo.

 

今週末にロンドンにいるは方は是非、参加お待ちしております。

詳細は以下です。

 

広義のハウスミュージックをテーマに、ロンドンのクラブシーンの第一線で活躍しているHOLIC。 
2月に4周年を迎え、5月にはロンドン の老舗クラブfabricで東日本大震災チャリティーイベントを開催し50,111ポンド(約700万円)を寄付。さらには6月にDaniel Bell, 7月にはWbeezaをゲストに迎え両イベントを大成功に終えるなど勢いは増すばかりである。

そんな破竹の勢いにのHOLICが遂にヨーロッパ最大のカーニバルNotting Hill Carnivalに参戦します! 

Westbourne Park Studioにて、UKのハウスシーンを語る上で最も重要な伝説的レーベルで、The Chemical BrothersやUnderworldを輩出した「Junior Boys Own」のオーナーTerry FarleyとX-Press2を迎えて開催! 

[Tickets info] http://www.residentadvisor​.net/event.aspx?280205

(1st, 2nd,3rd release are sold out now. buy final release)

 

 

HOLIC & Junior Boy’s Own Carnival Party

August Bank Holiday Sunday 28th August  

4pm – 4am

Westbourne Studios: 242 Acklam Road, London W10 5JJ

 

-Djs

Terry Farley

X-Press 2

Tomoki Tamura

eightBitRate

Lookleft+Bearight

Wallzy 

Tom Pearce

-Vjs[.hek], emw,  Kohey

 

A big shout to anyone who came down to our house party in July. It was an intimate friends and family affair with massive vibes from the very beginning. Wbeeza and all the other artists involved killed it as per. 
Sorry to all those that couldn’t get in, we had to shut the door at midnight as we had already hit capacity. Don’t say we didn’t warn you! For those that weren’t there and those that were, check out our photo gallery to see what an amazing time we had. 
Now that we enter August, we start the countdown to the biggest event of the London Summer – Carnival!!! Wanting to be involved in the incredible musical energy of Notting Hill that weekend, we couldn’t resist the opportunity to head over to west London to show it what we do so well in the east, throwing parties! 
For this event we are privileged to be working in conjunction with a label that is an institution of the London house scene, Junior Boys Own (JBO). Started in the early 90s by Terry Farley, Andrew Weatherall, Cymon Eckel, Pete Heller and Steven Hall, JBO released underground house music by the likes of Underworld, The Chemical Brothers and the classic Black Science Orchestra’s ‘Where Were You?’. JBO was one of the first labels to represent British House music on a global stage, with the DJs of New York popularising their releases and raising their profile. Not keen to lean just on their label output, JBO put on some of the best one-off parties in the UK during the golden years of Acid House. 
Spread over the course of 12 hours, Holic will be joined by JBOs Terry Farley and X-Press2 for what is lining up to be our most exciting party of the year. As veterans of the house scene, both DJs are digging deep into their collections for this special party at Acklam Road’s Westbourne Studios. Of course our amazing residents djs will be on hand to keep the selections sweet all day and into the night. 

15GBP  Door / 13GBP  with flyer
info / info@holic-music.com
www.holic-music.com

 

 

 

毎年、カーニバルは遊びに行っていた側なので少し不思議な気分ですが、今から当日が楽しみです。

  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載